エントリー

2012年03月20日の記事は以下のとおりです。

『亜細亜〜時の流れ』及川恒平ライブ/釧路

  • 2012/03/20

ファイル 454-1.jpg

【題名】『亜細亜〜時の流れ』及川恒平ライブ/釧路

【日時】2012年3月20日(祝) 開場18:30、開演19:00

【会場】Live Hall

【住所】釧路市末広町4-9フジビルB1

【料金】予約\3000 当日\3500

【出演】及川恒平(歌・ギター)、
    太田裕剛(馬頭琴・ホーミー)

【音響】堤裕一(サウンドハウス)

【申込・問合】

    サウンドハウス Tel.0154-42-7123(堤)

    酔い音屋ねずみ Tel.0154-22-7181 (夜8時以降)


【ご案内】

 一旦“復縁”してからというもの、
ぼくは釧路に何度行っただろう。
そうなったのは、この十年ほどのことなのだ。
半分諦めにも似た気持ちで、遠い釧路のことを考えていた。
ひとから見たら、釧路の景観もずいぶんかわっただろう。
たしかに、昭和40年代までのあのにぎやかな北大通りはない。
ぼくらが駅裏と言っていた地域はすっかり整備されている。

 それでもぼくの釧路はそこいら中にあった。
ライブのない日や時間に、釧路ではぼくはせっせと歩き回る。
もちろん、ぼくの釧路を見つけたいからだ。
なにも形のあるものとばかりはかぎらない。
ふと耳に飛び込んでくる年配者たちの釧路弁。
ぼくら釧路っ子が、
さも自慢げに言っていた「世界の三大」夕焼け。
えっ、 まだ言い続けているの?
釧路だしね、ぼくはゆるしてしまうけれど。

 今回は堤裕一くんの多大なサポートをうけてのライブとなった。
なんて、紋切り型の台詞だけれど、
実態はというと「飲み友達」ね。
ただ、六文銭としてのライブもふくめて、
たくさん一緒してもらっている。

 今年は実は、母校釧路湖陵高校の開校100周年記念で、
ぼくは六文銭’09の一員として、秋にライブに呼ばれてもいる。
その前哨戦として、ちょっともりあがりたい気分。
ぜひ、聴きにきてください。
                  及川恒平

ページ移動

Utility

Calendar

02 2012.03 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Entry Search

Recent Comment

Re:聲(VOICE) LIVE小春南 ・ 札幌
2024/02/26 from 承認待ち
Re:「K2 Debut」Live / 岡山
2024/02/26 from 承認待ち
Re:及川恒平コンサート/小樽
2024/02/23 from 承認待ち
Re:声のとどく場所-札幌
2024/02/22 from 承認待ち
Re:まるで六文銭のように出演ライブ
2024/02/22 from 承認待ち

Archive

Feed