Entry

落陽開店6周年記念及川恒平ライブ

  • 2007/09/29

ファイル 95-1.jpg

《題名》 落陽開店6周年記念及川恒平ライブ

《日時》 2007年9月29日(土)開場18時 開演19時

《会場》 荻窪・落陽

《料金》 前売・予約 3,500円 (ドリンク500円)

《客演》 石山恵三(猫)Bass

《予約電話》03-5397-0371(落陽)

《予約メール》info@rakuyo.skr.jp (落陽)
       kohe@music.email.ne.jp (及川オフィス)

《関連サイト》

http://www.rakuyo.skr.jp/index.htm

《案内》

 数年前、まだ移転する前の「落陽」で歌わせていただいた。
たぶん、落陽で歌ったごく初期のフォークシンガーが僕だろう。

 と書いて、すかさず自分に反論するが、
フォークの場合、音楽を生業としていようがいまいが、
歌い、演奏すれば、フォークシンガーなのだから、
「ごく初期」はあてはまらない。
仲間に加えてもらって数年たったと言うべきなのだ。

 ともかく落陽は丸五年、入れ替わり立ち替わり、
ドンチャンやってたということだ。

おつかれさま、うーん、
おめでとう、うーん、
おめでたい・・・これか。

 斉藤哲夫氏、中川イサト氏、四角佳子さん、山崎ハコさんはじめ、
あまたのフォークシンガーたちと、
開店6周年を祝う者として、石山恵三と参加させていただく。
光栄なことだ。

 石山氏については、皆さんの方が経歴などご存じかと思う。
要するに、ベースのいい男である。
って略しすぎだが。
このひとのベースは
実は僕のような音楽にも応用が利くということを
是非味わっていただきたい。

 一人でも多くの方々とこの場に、
居合わせたいと願う。

9月29日、お忘れなく。
                2007年 及川恒平記

Pagination

Comment

藤棚

「落陽」へ足を運ぶのも初めてで、及川さんのソロライヴを聴くことも初体験な、新人類世代男子です。常連の先輩リスナーズに紛れて、おずおずと拝聴します。青山での『まる六ライヴ』後、「歌謡詩集」にクレヨンでサインを頂いた時、恒平さん=気が合いそうな人、だと感じたので、いつかまたソロの場に参上しようと思ってました。

  • Mail
  • 2007/09/19 13:41:00

藤棚

●前半のアクトでは、朴訥な吟遊詩人の及川さんに魅了されました。●そしてベースギターをフィーチャーした後半は、萩本欽ちゃん張りのツッコミ芸人、の恒平さんに笑わされました。石山恵三さんが、坂上二郎さんのように汗かいて困り顔で歌と演奏をさせられる姿が、おもしろかったです。

  • Mail
  • 2007/09/30 00:00:00

Utility

Calendar

11 2021.12 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Entry Search

Archive

Feed