Entry

こえのあるいっとき/川崎・新百合ヶ丘

  • 2014/07/19

14719KOE2.jpg

【題名】『こえのあるいっとき』

【日時】2014年7月19日(土) 
OPEN 16:00 START 16:30

【会場】ギャラリー華沙里 Tel. 044-954-2333

【住所】川崎市麻生区上麻生1-10-6 井上ハイツ2F

【交通】小田急線 新百合ヶ丘駅  徒歩5分

【出演】及川恒平・有働薫

【料金】2,500円(お茶付)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【予約】
kohe.office@gmail.com
https://www.facebook.com/kouhei.oikawa.3
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
【参考】
http://www.shinyurigaoka.com/kasari/


【ご案内】

 詩の月刊誌で有働薫作品紹介を読んだのは2,3年前のこと。
その「幻影の足」を入手し、いつかSONGにしたいと思う間もなく、
まだなんの音楽もほどこされていないまま、
あるライブで歌ったのだった。
書中の「セレナード」という詩だった。
有働さんに事後承諾をいただいて、
さっそく他の作品にもチャレンジをし始めた。

「幻影の足」の最初の詩「まぼろし」を読んだときの印象は
忘れがたい。
日々の時間の経過を、詩的に掘り起こした跡を見せずに、
詩として成立させている様に、
我が意を得たりと手を打ったのだった。

これならぼくでもどんどん歌詞を書けると
すっかり慢心させてもらうには十分な作品群だった。
つまり、今日までぼくは有働路線での作品化に
ただのひとつも成功していない。

そんなぼくではあるが、
有働さんと二人で詩と歌詞の音声化を実現できることになった。
しつこくつきまとった褒美のようなものか。

有働さん自身のリーディングをはじめ、
ぼくとしては有働さんの詩を歌わせていただくほか、
ぼくの歌詞を有働さんに読んでいただいたりなども予定している。

ほかに「こえのあるいっとき」はどんな方法が実現できるだろう。
いままさに苦慮のただなかにいる。たのしい苦慮だ。
聞きにきてください。             及川恒平

 

 

 

Pagination

Utility

Calendar

11 2021.12 01
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Entry Search

Archive

Feed