エントリー

2014年08月の記事は以下のとおりです。

及川恒平と北海歌謡團公演/富良野

  • 2014/08/30

14830card2.jpg

【題名】及川恒平と北海歌謡團公演

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【予約】☎きつつき0167-23-4766

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【日時】2014年8月30日(土曜日)開演20時

【会場】啄木鳥(きつつき)

【住所】北海道富良野市日ノ出町12-34へそ歓楽街

【出演】及川恒平(Vo.&Gt.)青木リエ(Vo.)

【客演】久林庸(Gt.)

【料金】¥3,000(1ドリンク付)

 

【ご案内】

  ひと月程前、北海歌謡團団員、青木リエが

富良野「啄木鳥」を訪ねたのである。

そして、店主久林氏のギターのサポートを受けて、

事実上のオーディションをしていただいたのである。

 今回のライブ出演はそのようにして成り立ったのだ。

結果タイトルにも「北海歌謡團」を使用するに至った。

もちろん、久林氏自身の演奏を抜きには、考えられない。

この方のギターは日本の流行歌のまさに王道をいくものだ。

僕は過去に何度かそれを味合わせていただいているから、

その情感あふれるサウンドは耳にしっかり残っている。

 フォークを歌ってなんぼの僕ではあるが、

もうそんなジャンル別けは意味をなさないだろう。

「面影橋から」も「カチューシャの歌」も歌います。

青木リエは「夜来香〜イェライシャン」「夏・二人で」も歌うでしょう。

さて久林氏はどんな隠し玉を用意していらっしゃるのか、たのしみだ。

 

ぜひ聞きにきてください。

 

KOE〜こえのあるいっとき/札幌

  • 2014/08/16

14816KOE1.jpg

【題名】KOE〜こえのあるいっとき/札幌

【日時】2014年8月16日(土)開場夕4時半 開演5時

【会場】テンポラリースペース

【住所】札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向

【出演】及川恒平、山田航

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【予約】011-737-5503 テンポラリースペース

 ※ facebook上の及川、山田のページのメッセージ欄からも予約できます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

及川恒平コンサート/北海道瀬棚郡今金町

  • 2014/08/03

image003.jpg

【題名】法林寺 聖徳太子講 お楽しみ企画「及川恒平コンサート」 

【日時】  201483(日曜) 開場/午後6時 開演/午後7

【会場】 「 法林寺 

【住所】 北海道瀬棚郡今金町字今金82番地

【出演】  及川恒平(歌とギター),成沢優美(アコーディオン)

【料金】   入場無料

=============================

問い合せ   法林寺 阿知波一道 電話 01378-82-0174

申込 メールアドレス  achiwa@proof.ocn.ne.jp

=============================

 【ご案内】

今回のコンサートのお話をくれた阿波波一道さんは、

お坊さんでフォークシンガーです。

関係者でまず知らない人はいないだろう。

ぼくもこうしてつながりをもってただいた。

精一杯歌ってきたいと思います。

ぜひぜひ聞きにきてください。

及川

北海歌謡團夏期公演 / 札幌

  • 2014/08/02

14802card2.jpg

北海歌謡團夏期公演 / 札幌

=============================================

【申込】ファッジ ☎011-210-5011

          (原崎)☎ 090-2875-8881

    メール okurayama38@gmail.com エンドウ

==============================================

 

【日時】201482 (土曜) 開場18時半 開演19

【会場】ファッジ / 札幌市中央区南2西5興和産業ビル3F

【出演】(北海歌謡團)及川恒平Vo.&Gt.、、青木リエVo.

    (特別ゲスト)関ヒトシVo.&Gt.

【料金】前売3,000円 当日3,500円 (ドリンク別)

 

【ご案内】

北海歌謡團として活動をはじめて、一年がすぎました。

昭和の初期と大戦を挟んだ時期とをおもに歌ってきましたが、

ちょっと関わっただけで、

流行歌のはなつ輝きに圧倒されてしまいます。

どちらかというと僕を初め演奏者は

「たちむかう」といったところでしょうか。

ここにきてどうやら、

やっと当時の流行歌とちょっとは仲良くなれてきたと思います。

今度もぜひ楽しみにいらっしゃって下さい。

特別ゲストの関ヒトシ氏の昭和歌謡の解釈はするどいものがあると、

合奏しながらいつも感心させられています。

それだけでも聴く価値があると思います。

82日北海歌謡團公演、ファッジにぜひ足をお運び下さい。

及川恒平

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

Utility

Calendar

07 2014.08 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Entry Search

Archive

Feed