エントリー

2008年08月の記事は以下のとおりです。

夏に過ごした場所/札幌 

  • 2008/08/31

ファイル 172-1.jpg

【題名】夏に過ごした場所/札幌 RESONGS Vol.9

【日時】2008年8月31日(日)午後3時開演

【会場】ギャラリー門馬
      札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
      TEL:011-562-1055
      e-mail:office@g-monma.com

      http://www.g-monma.com/about.html

【出演】 及川恒平 
 
【料金】前売 3,000円  当日 3,500円
        
【申込】及川オフィス kohe_music@yahoo.co.jp


【ご案内】

 初夏の札幌でソロのレコーディングをした。
札幌のひと、糸田ともよの言葉をソングにしようと考え出した時から、
もし記録に残すなら、その札幌でと望んでいた。

 静かで速い流れに身を任せた数日間だった。
同行した鈴木ばく君の音楽力(機械をあやつるのではあるが)を信じていた。
ハーモニカの千葉智寿君は、圧倒的な演奏を持ってきた。
ともよさんもその場に居て、気のよどみを消してくれた。
ぼくらは日々の時間感覚の外で過ごした。

 今回のライブコンサート場所は、その録音場所のギャラリー門馬である。
そこが、当地の名門画廊の一つとは、
全くの不勉強で、ぼくは知らなかった。
知らなかったから、臆することもなく、
その圧倒的な響きの中に、居続けられたのかもしれない。
ここは、札幌の美術の拠点であるばかりではなく、
音楽の発信地としても重要な場所と今では知っている。
 身をもって感じている。

 ギャラリー門馬でと決める前から、
場所の響きをそのまま記録することにこだわっていた。
そして、その意味で申し分のない、いや過分なほどの家に出会った。

 ここでコンサートもさせてくださいと、
オーナーの大井さんに、録音の合間に申し上げていた。
それが実現しようとしている。

 本来レコーディング時には、
いかにライブで表現している感触に近づくかなのだが、
ぼくの構想は、夏のレコーディングと同等の感覚を取り戻すこと。
 8月31日は、六月のレコーディングの最終日と位置づけてみたい。
もちろんCDアルバム「地下書店」発表の最初の記念ライブではあるのだが。

 聴いて下さい。
 一緒にいあわせて下さい。
              2008年夏  及川恒平


【予告】

 CDアルバム「地下書店~糸田ともよ作詞集」秋に発表。

 及川恒平/作編曲・歌唱・ギター演奏
 千葉智寿/ハーモニカ演奏
 鈴木ばく/録音

まるで 同級生のように/江別

  • 2008/08/30

ファイル 180-1.jpg

【題名】まるで 同級生のように
    /及川恒平&いなむら一志

【日時】8月30日(土)
    開場 午後6時30分 開演 午後7時15分

【会場】コミュニケーシヨン.バー 「アイ.ドール」

     江別市大麻東町 13(銀座商店街)
     TEL:011(386)9973

【料金】前売券:3000円 ワンドリンク付き


【申込・問合】電話予約可
     TEL : 011(386)9973「アイ.ドール」

  TEL : 090-1520-2288 (アイドール・義達) ヨシタツ


【ご案内】

  関東圏で暮らすようになる前、
  僕の本籍地は江別市だった。
  なぜ江別なのかは、祖先が江別にいたからだと思う。
  ちゃんと調べたことはないけれど、
  そんなところだろう。

  札幌まではやたらに来るのだが、
  江別は通り過ぎるだけだった。
  いくら、かつての本籍地でも、
  縁はかなり薄まっていた。

  中学校の同級生が江別にすんでいる。
  去年の同窓会で再会してから、
  札幌でのぼくのライブに来てくれるようになった。
  「いつか江別で歌いたいな」
  きっと僕はそんな顔をしていたに違いない。

  「来ませんか」
  そう言っていただいた。
  アイカタはいなむら君だそうだ。
  彼のことはもちろん昔っから、知っているけれど、
  一緒にライブするのは、初めてだ。
  たのしみ。
  聞きに来てください。
               2008年夏   及川恒平
 
 

復活ライブ/札幌

  • 2008/08/29

ファイル 181-1.jpg

【題名】復活ライブ/札幌

【日時】2008年8月29日(金曜日)
    開場pm7:00 開演pm8:00
 
【場所】札幌狸小路・才谷屋
    札幌市中央区南3西5 (狸小路5丁目)三条美松ビル3F
    
【料金】3,000円(1ドリンク付)

【出演】がんばれ、クロマニオンズ(森耕三・及川恒平)

【客演】ブラック・ハット・レディース(Lei & Momo)

【申込】tel 011(271)2747 才谷屋
    才谷屋のミクシィ・コミュでも受付ます。

【取次】→ kohe_music@yahoo.co.jp  及川オフィス

【ご案内】

あの「がんばれクロマニオンズ」が、
惜しまれつつ解散してからずいぶんになる、気がする。
そのとき、テーマ曲「がんばれクロマニオンズ」を、
熱唱したみんなはもうすっかりオトナになっただろう。
 それでも、
あの日あの一瞬の輝きを忘れられずにいただろう。
そうだろう、そうだろう。

 朗報だ。
ついに「がんばれクロマニオンズ」復活の時が来た。
すこしせわしないが、8月だ。
 もうオコヅカイには困らない年代になっているだろうみんな!
でも、夏休み中に使い切りなさい。
来るんだよー。
いいねっ。

2008年  【文案】モーリー 【代筆】こへ

「再会」及川恒平ライブ/川崎

  • 2008/08/20

ファイル 165-1.jpg

【題名】「再会」及川恒平ライブ

【料金】予約制6千円 食事付、ドリンク別

【場所】坊気門 (ぼっけもん)東横線新丸子駅徒歩2分
〒211-0004川崎市中原区新丸子1-833

【出演】及川恒平

【日時】2008年8月20日(水)

   午後6時→開店、お食事(前菜)
   午後7時→アコースティックライブ
   午後8時半→お食事・歓談

【申込】 ぼっけもん ℡044-434-0741
及川オフィスkohe_music@yahoo.co.jp

     7月20日より予約受付を始めます。
     過去の及川オフィスからのチラシに、
     メールアドレス、記載ミスのものがあります。
     ご確認下さい。
     申し訳ありませんでした。

【ご案内】

 北海道で、小学校時代同級生のHさん が、
横浜イギリス館での僕のライブに初めて来たのは
数年前だった。
 子供のころ、小柄で伏し目がちだったHさんは、
笑顔の素敵な女性になっていた。
 ダンスをしていると聞いてはいたものの、
再会するまではちょっと想像がつかなかった。
しかし少女時代をそのまま大人にしたような、
Hさんのスリムな体つきを見て納得した。
 その彼女が、新丸子で店を出しているとは、
実はつい最近まで知らなかった。
そこでのライブのお誘いだ。
開店十八周年の記念ということだ。
ありがたく受けさせていただいた。
 僕のライブ形式としては、非常に珍しい食事付きだ。
北海道の味は当然だが、Hさんのご主人の出身地、
鹿児島の味も楽しんでいただくとのこと。
 何度かお邪魔させてもらったので、味は保証する。
僕の保証はあてにならないとしても、
あの繁盛ぶりは、大勢の評価を得ているからに他ならない。
 その食事の足を引っ張らないように、一生懸命歌うだけだ。
是非味わいに、そして聞きに来て下さい。

           2008年夏    及川恒平

誕生会/東京

  • 2008/08/14

ファイル 176-1.jpg

【題名】 誕生会 

【日時】 2008年8月14日(木)
     開場18:30  開演19:30

【会場】 恵比寿 art cafe Friend
     東京都渋谷区恵比寿南1-7-8恵比寿サウスワンB1

【出演】 及川恒平 
 
【料金】 前売 3,000円(+ファーストドリンク\500)
     当日 3,500円
        
【申込】TEL: 03-6382-9050 art cafe Friend
    FAX: 03-6382-9051 art cafe Friend

    E-mail → masakatsu@artcafefriends.com

【取次】及川オフィス kohe_music@yahoo.co.jp

【主催】60年委員会

【参考】http://artcafefriends.com/

【ご案内】

 弁解から。
還暦を迎えます。
 このところ毎年何らかのかたちで、誕生日には歌っていたが、
今年は、こんなわけで(なんかね)ライブはなしとしていた。

 今年は、誕生会はしないのですか、という問いにうけて、
飲み食いだけならね、とか言っていたら、
じゃ、そうしまょと言ってくれる仲間が現れた。
 なので、そんなつもりでいたが、
話はそれで終わりにならなかった。

 ずばり、8月14日空いていますがライブやりませんか、
と依頼があった。
マサカツさんは、そんなこと知らずに言ってきたのだ。
 実は、すでに誕生会をやることになっているので、
その会場として貸していただけるなら、と言うと、
それでいいと言う。

 そうこうしていると、彼から、
コヘくんは還暦なんだ、それは大事な日だね、
単なる誕生日じゃないねえと、言われた。

 と、なると、そうデスヨネ、
すみません、歌います、聴いてやって下さい。
よかったら、一緒にちょっと過ごして下さい。

2008年夏   及川恒平

横浜 イギリス館(完売御礼)

  • 2008/08/10

ファイル 158-1.jpg

【題名】 RESONGSVol.6横浜イギリス館

【日時】2008年8月10日(日曜日)
    開場14:00 開演14:30

【場所】イギリス館
    (横浜市中区港の見える丘公園内)tel.045-623-7812
    
【料金】前売¥3,000(自由席)、
当日¥3,500 (残席次第)
    限定30席、お茶付き

【出演】 及川恒平

【客演】 伊藤芳輝(スパニッシュ・ギター)

【申込】 完売御礼
     kohe_music@yahoo.co.jp
及川オフィス
 

【ご案内】

 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
恒例、イギリス館コンサートへのお誘い告知です。
 たしか1994年が、
僕の第一回目のイギリス館ライブだったと記憶しています。

太田恵資(バイオリン)
伊藤芳輝(ギター)
三橋貴風(尺八)
黄永燦(ピアノ)
枝元一代(歌)
遠藤賢司(歌、ギター、ハーモニカ)
佐久間順平(歌、ギター、バイオリン)
小室等(歌、ギター)
四角佳子(歌)
常富善雄(歌、ギター)
小室ゆい(歌)
ケッサン(ギター)
松尾真由美(詩人)
渋谷毅(ピアノ)
野沢享司(歌、ギター、ハーモニカ)
井上みつる(ギター)
ジュリア(歌)
そして、故・岡本忠成のアニメーション上映。

以上、多彩な客演陣にも恵まれました。

 RESONGS と銘打って、今年に入って6回目のライブです。
 年頭、雑な思いつきからのネーミングでしたが、
重ねてみると、そこそこの意味合いも感じたりなんぞ、
自分ではしています。

 RESONGSは、ソロライブとの位置づけでしたが、
早くも“ざせつ”して、伊藤くんを、ゲストに招きました。
理由は、自分でもさっぱりわかりませぬ。
 この人の参加は、よりRESONGSを表せる、
と思ったのだけは間違いないのですが、、、。
 詳しくは、もう少し考えてから、発言したほうがよさそう。
すみません。

 ともかく、いいライブにしたいです。
ぜひ聴きにきてください。

             2008年初夏   及川恒平

RESONGS Vol.8/ 札幌

  • 2008/08/05

ファイル 163-1.jpg

題名/『RESONGS Vol.8 / 札幌』
    及川恒平コンサート

期日/ 2008年8月5日(火曜)開演夕六時半

会場/ テンポラリースペース

住所/ 札幌市北区北16条西5丁目1-8

料金/ 予約2千5百円、当日3千円(全自由席)

問合・予約/tel.fax→011-737-5503(テンポラリースペース)
   email→temporary@marble.ocn.ne.jp(テンポラリースペース)

取次/ email→kohe_music@yahoo.co.jp(及川オフィス)

「どうしよ…」ライブ/釧路

  • 2008/08/03

【題名】「どうしよ…」ライブ

【日時】2008年8月3日(日)開場19:00開演19:30

【場所】酔い音屋ねずみ 
    釧路市末広4‐9  電話 0154-22-71812

【料金】予約 2,500円、 限定30名 前売のみ

【出演】長崎JUKEI 、浅乃家本店、ツツミくん、及川恒平など

【申込】昼:サウンドハウス
      ↓
    電話0154‐42‐7123

夜:ねずみ
      ↓
    電話0154‐22‐7181

【取次】及川オフィス
      ↓
    kohe_music@yahool.co.jp


【ご案内】

 ライブしよ、と語り合ったきり、
なかなか釧路から連絡がなかった。

 あそぼってことだし、また会おってだけだから、
ナンカ、宣伝するのもね、
って僕が自分で釧路の仲間に言ったことを、
おととい思い出した。

 それで、今になって急にここに告知します。

 ぼくが、そう言ったからって、
(言ったよ、言ったよ、言ったよ)
でも、そんなきちんと、まもんなくたっていEたろ?
ライブどうしましょうか、とか言い方あるだろっ。
 
 じゃ、君ら、赤信号は絶対わたらんのかい?、
期限切れた食品は、絶対食わないのかい?
タチショウベンなんてしたこと無いってのかい?
今日も飲んでていいのかい?別海で。
づぇったい?
 
 タイトルきまってないし。
どうしよ・・・。       (つづく)
 
      2008年夏     及川恒平

及川恒平ソロライブ/帯広

  • 2008/08/01

【題名】及川恒平ソロライブ/帯広

【日時】2008年8月1日(金)
    開演:午後7時30分 
    ※開場は開演の20分前の予定です。

【場所】演研・茶館工房 
〒080-0010帯広市大通南6丁目喫茶大通茶館内

【料金】前売り2500円  当日3000円

【申込・問合】劇団演研
        ↓  
      電話 0155-25-7140

メールアドレス
           ↓
      http://enken.gotohp.jp/ticket/form.cgi

  ※限定40席となっていますので、
       お早めにご予約下さい。

【参考SITE】

http://enken.gotohp.jp/kobo.event/oikawa.html

http://enken.gotohp.jp/index.html


【ごあいさつ】

  ふるーいふるーい芝居仲間の龍昇氏から、
 帯広で歌わないかと声をかけてもらった。
 そう言えば彼は帯広の人だったっけ、
 などと遠い記憶をさぐってみた。
 
  最近の龍昇企画の公演は、
 けっこう見させてもらっているから、
 龍氏の充実ぶりは目の当たりにしている。
 そんな人から声をかけてもらったのだから、
 張り切らないわけがない。

  三月に、小室等、四角佳子とのユニット
 「まるで六文銭のように」のライブで、
 帯広で歌わせてもらったばかりだから、幸運なことだ。
  普段は演劇しか興味のない方にも是非きいてほしい。

  おーい、帯広の演劇のメッカで歌うよ。
 音楽仲間たちも、ぜひ乗り込んできておくれ。
 
 2008年夏  及川恒平

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

Utility

Calendar

07 2008.08 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Entry Search

Recent Comment

Archive

Feed